SFA/CRM

【CRM基礎知識】CRMとは?CRMによくある機能についてご紹介します
「CRM」とは『Customer Relationship Management』の略で、直訳すると「顧客関係管理」ですが、多くの場合「顧客管理システム」のことを「CRM」と呼んでいます。 顧客との関係性、顧客に対する活動・コンタクト履歴を管理し情報を一元管理することで、業務の効率化を支援、属人化を防ぎ、顧客満足度の向上を目指すシステムです。
【機能紹介】区画管理機能についてご紹介!
「訪問すべき顧客リストを出力、マップ上にターゲットを一覧表示したい」 「自社やお客様が管理している土地・店舗・田畑(圃場)などを地図上で可視化したい」 営業活動を行う中で、そんなお悩みはございませんか? 戦略箱ADVANCEDでは、そのようなお悩みを解決できる機能として区画管理機能がございます。 それでは、その区画管理機能について詳細をご紹介していきます。
データ連携とは?連携のメリットと課題についてご紹介!
近年、ビッグデータの分析やクラウドサービスの普及が進み、ビジネスから日常生活に至るまで多様な分野でデータが活用されています。 社内でのデータ管理という面においては、部署ごとに異なるツールやデータ保管場所を使用しているため、データの一元管理が行われておらず、 同じデータを別々のシステムに二重入力してしまう場面もあるのではないでしょうか。
【SFA基礎知識】SFAとよく連携されているものとそのメリットについて解説!
SFA(Sales Force Automation)は、営業プロセスの効率化や情報共有のための重要なツールです。 営業DXを推進するにあたって、SFAを導入したいと考える方の中には、すでに利用している他のツールと組み合わせて利用したいという方も多いと思います。 そこで今回はSFAとよく連携されているツールについてコラムにしました。
【SFA基礎知識】成功への第一歩とは?SFA運用の注意点
SFA(Sales Force Automation)は、営業プロセスの効率化やデータ管理のための重要なツールです。 営業DXを推進するにあたって、SFAの導入を検討されている企業様も多数いらっしゃるかと思います。
【SFA基礎知識】SFA/CRM導入の目的と注意点とは?簡単に解説しました
SFAとCRM、この2つのカテゴリは概念的・機能的に重複している部分もあり、製品比較サイトを見ても同じ製品がどちらのカテゴリにも属していることが多く見受けられます。
【SFA基礎知識】2分でわかる!SFAに必要不可欠な機能4選
SFAとは「Sales Force Automation」の略で、日本語では「営業支援システム」と呼ばれます。 簡単にまとめると「営業活動を支援、効率化するシステム」のことであり、営業に関わるデータを蓄積・共有・分析を行うことができるツールというのは、多くの皆さんはご存じかと思います。 現在、SFAというカテゴリに属する製品は数多く存在します。 ここでは、SFAなら必ずある代表的な機能について簡潔に説明したいと思いますので、これから導入を検討されている企業様のご参考になれば幸いです。
【SFA基礎知識】SFAとCRMの違いとは?役割と導入の目的
SFA(Sales Force Automation)とCRM(Customer Relationship Management)は、 どちらも営業と顧客関係の管理において重要な役割を果たすツールですが、それぞれ異なる目的と機能を持っています。 そこで今回はSFAとCRMのそれぞれの意味や機能の違いについてコラムしていきます。
『戦略箱ADVANCED』でよく使われている機能ベスト3
みなさんの会社では、SFAやCRMを導入していますでしょうか。 導入している場合、そのシステムの何割ぐらいの機能を活用していますか? 今回は実際に『戦略箱ADVANCED(以下、戦略箱)』をご利用いただいている一部のユーザ様にご協力いただき、 日々どのような機能を使われているかを調べてみました。
無料トライアルを利用したほうが良い理由
システムの導入には、とかく多くの費用が掛かりがちです。 ひと昔前に比べ、最近はクラウドサービスが主流になりつつあり、特に初期費用という面では随分とコストを抑えることができています。 しかし、メールやスケジューラなど比較的使い方を習得するのが容易なシステムとは違い、SFAやCRM、MAツールなどは クラウドサービスとは言え、環境だけ用意してもらい「さあどうぞ」と言われても、なかなか使えるようになるまではハードルが高いものです。
セールスイネーブルメントとは?-メリットデメリットについて-
セールスイネーブルメント(Sales Enablement)は、現代のビジネスにおいてマーケティング担当者や営業担当者が注目する重要な概念です。 営業活動を支援し、営業チームのパフォーマンスを向上させるための戦略的なアプローチのことを指し、 その主な目的は、営業担当者に必要な情報、ツール、リソースを提供することで、効果的かつ効率的な営業活動を実現することです。
SFAを導入するべき企業とはー特徴と注意点ー
SFA(Sales Force Automation)という言葉は、日本語ではよく「営業支援システム」や「営業管理システム」と訳されます。 SFAは営業プロセスを定義して効率化をしてくれる、いわば営業部門の助けとなるシステムです。 それではSFAを導入するべき企業とは、どのような企業なのでしょうか。 弊社が考える、導入するべき企業の特長を挙げてみました。